空撮
事例

海上・水上

マリンスポーツや漁業風景の撮影など海上・水上などのドローン空撮で「目視外飛行」や「電波範囲」の関係上、安全な飛行を行えないと判断した場合、海上・水上の船舶からフライトを行います。弊社では”船舶と船舶操縦士”の準備が可能です。