空撮

夜間・目視外

花火大会や祭り会場、野外プロジェクションマッピングの撮影などの”夜間飛行”やランディング地点(パイロット操作地点)より約300~500m離れた場所への飛行は視認できない飛行状態となりやすく”目視外飛行”となります。弊社は”目視外飛行・夜間飛行”の国土交通省への申請が可能です。