特殊空撮について

夜間飛行空撮海上・水上での空撮など、様々な特殊空撮にも対応いたしております。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

マリンスポーツなど海上・水上空撮に対応

ドローン空撮は陸上から離陸できる飛行を前提としています。マリンスポーツや漁業風景の撮影など海上・水上などのドローン空撮で「目視外飛行」や「電波範囲」の関係上、安全な飛行を行えないと判断した場合は”船舶と船舶操縦士”を利用し、海上・水上の船舶からフライトを行います。弊社では船舶や1級船舶操縦士に対応いたしておりますので、安全・安心なフライトか可能です。

*事前に船舶・船舶操縦士の予約が必要です。
*フライト料金とは別途費用が発生いたします。


*イメージ写真

*イメージ動画

 

 

夜間・遠距離地などの目視外飛行に対応

ドローン空撮は視認できる状態での飛行をその前提としています。もし直接視認できない状態で飛行させる場合は”目視外飛行”という区分の承認が必要となります。
花火大会や野外プロジェクションマッピングの撮影などの”夜間飛行”や、ランディング地点(パイロット操作地点)より約300~500m離れた場所への飛行は視認できない飛行状態となりやすく”目視外飛行”となり、国土交通省の承認が必要となります。


*イメージ写真

*イメージ動画

 

ドローン操作電波の届く範囲

ドローン空撮・飛行には2.4Ghzの電波を利用しており、メーカーのデータによると2km~2.5mまで直線距離で飛行可能となっておりますが、数値は、”無風状態や障害物など何もない状態”のMAXの数値です。実際の飛行では、コントローラの電波が途切れたり、FVP映像が途切れる可能せが高く、安全な飛行は500m以下、視認できる範囲と合わせると200~300mが飛行範囲となります。(*天候や周囲の環境でさらに狭い範囲となります。)